ストレス社会に生きる現代人ならではの病気|ストレスファインド

事故に遭った場合

整体師と横になった男性

自動車やバイクがかかわる交通事故でうけてしまった怪我の治療はクリニックや病院などの医療機関にまず最初にかかって検査と初期治療をしてもらいましょう。 交通事故の怪我は外見上出血や腫れが無い場合でも内部に異常が起こっている事があるのでレントゲンをはじめとした内部の検査がまず必要です。 交通事故で身体の内部に異常が出ているのかどうかの検査と、痛みやしびれなどが起こっているかも調べます。 ここで異常が発見されたら治療はすぐに開始されます。 ほとんどの場合は打撲や捻挫で、症状が軽くなるまで通院して治療を行います。 自宅や仕事場から遠い医療機関で治療をはじめた場合、通いきれなくて症状がなかなか良くならないと思ったら医療機関に相談して自宅や仕事場に近い医療機関に転医というかたちで切り替える事が出来ます。 この時にメインの通院を整骨院にする人もいます。

交通事故でうけた怪我の治療のメインの場所を医療機関かから整骨院に切り替える人はやはりでています。 この場合は定期的に医療機関での検査と治療が必要です。  医療機関ではいたみどめや絞れの軽減などとともに外用薬や内服薬など症状にあった薬の処方をお願いする事になります。 整骨院はレントゲンなどの検査や薬の処方などには対応できないからです。 整骨院は痛みなどによる筋肉や筋のこわばりを手技でほぐしてならしていったり、同様に関節部分のこわばりをほぐしたり、リハビリテーションで関節部分の稼働域を大きくさせるようにする事になります。 リハビリテーションや手技によるこわばりの改善は整骨院を使うという方法もありますが、利用する時には保険会社を利用している場合はまず保険会社に相談しましょう。